関節治療の専門医に聞いてみました!

第154回 手術の前も、後も、最も大事なリハビリの習慣健康寿命を延ばすポイントは自分の足で歩けること

ドクター
プロフィール
奈良県立医科大学卒業後、同大に入局。関連病院研修後、平成22年、大阪府済生会富田林病院、平成24年、富永病院大西哲靖記念人工関節研究センター勤務。平成28年、大阪府済生会富田林病院人工関節センター開設時に同院に
エリア 大阪府タグ
この記事の印刷用PDF
花岡 義文 先生

変形性膝関節症の最終的な治療法として、人工膝関節置換術が有効であることは、近年よく知られてきています。動きに伴って生じる膝の強い痛みさえなければ、この先、元気に楽しく暮らすことができるのに…と、嘆く多くの高齢者たちの「背中を押してあげたい」と話す、花岡義文先生に伺いました。

膝痛の原因は、加齢、負傷、肥満…

変形性膝関節症のレントゲン

変形性膝関節症のレントゲン

膝が痛いという障害は、程度の差はあるものの、ほとんどの人が経験することではないでしょうか。特に、若い頃に靭帯を損傷したことがあるとか、肥満が継続している人は、加齢とともに変形性膝関節症を引き起こす確率が高いと思います。
しかし、膝の痛さや辛さの感じ方は、人それぞれ。レントゲンで見ると膝関節の変形が進んでいることが分かっても、本人はあまり痛がっていないということもあるし、見た目はかなりのO脚なのに元気に動いている人もいます。逆に痛くてたまらないと訴える人でも、関節はそれほど変形していないこともあります。

筋力アップの体操と有酸素運動

大腿四頭筋を鍛えることが大事です。

大腿四頭筋を鍛えることが大事です。

まず、体重を増やさないことです。減らすのは難しいでしょうから、せめて増やさないように今の体重を維持していくことが大切です。そのためにも、また一般的な健康増進のためにも、有酸素運動がいいと言われています。
慢性的な膝の痛みに対しても、ウオーキングや水中歩行などの適度な有酸素運動はとても有効です。
そのうえで、筋肉、特に大腿四頭筋を鍛えることが大事。関節の変形が始まったら、変形が治ることはありません。痛みと上手に付き合っていくには、筋力アップの体操と有酸素運動を推奨しています。
このことは、手術をする人、しない人、手術前、手術後の人に限らず、すべての患者さんにお話ししています。

痛み止めの薬、筋力アップ、ヒアルロン酸の注射

保存療法

保存療法

整形外科医は、膝痛で受診してきた患者さんが診察室に入ってくるときから、どんな歩き方、動き方をするかを観察しています。さらに、視診、触診などの身体所見と、どのくらいの期間つらくて困った状態が続いているのかなどを丁寧に聞き取り、客観的な評価としてレントゲンで確認します。
変形性膝関節症の治療法としては、まず、痛み止めの内服薬、外用薬で痛みを和らげ、そのうえで、膝周辺の筋力を上げる体操、特に大腿四頭筋を強くする体操を指導します。ヒアルロン酸の注射なども有効です。これらの保存療法を続けても、痛みが軽くならない、日常生活に支障がある、外出しづらいし、行動範囲が狭まって困っているなどのことがあれば、手術も選択になります。


記事の一覧へ
ページの先頭へ