関節治療の専門医に聞いてみました!

第160回 股関節の痛みは我慢しないで専門医に、 あなたに合った方法を教えてもらおう!

  • 丸山 善弘 先生
  • 明石大久保病院 明石大久保人工関節センター長
    明舞中央病院 整形外科 人工関節専任医師
ドクター
プロフィール
専門領域:関節外科(下肢〈特に膝関節・股関節〉)、日本整形外科学会 認定専門医
エリア 兵庫県タグ
この記事の印刷用PDF
丸山 善弘 先生

動くと股関節が痛い、じっとしていれば痛くないから自然と運動量が減り、ますます関節が硬くなって動きづらくなる。筋肉は衰え、自力で歩くのがつらくなり、やがて車いすの生活…、歳だからしかたがないと、あきらめていませんか? 股関節の不具合にどう対処していくか、明石大久保病院 明石大久保人工関節センター長、明舞中央病院整形外科の丸山善弘先生にうかがいます。

加齢的な変成、体質的な誘因、臼蓋形成不全も重要?

正常な股関節と臼蓋形成不全

正常な股関節と臼蓋形成不全

股関節の痛みの原因には、外傷や関節リウマチ、ステロイド剤の大量投与の影響で骨への血流が悪くなるために起こる大腿骨頭壊死などが原因で、股関節に痛みが生じることもありますが、加齢とともに関節が変形していく変形性股関節症が多いと思います。
変形性股関節症の原因は、臼蓋形成不全と呼ばれる、もともと股関節のかぶりが浅くて、体重を面で支えられず、一点にばかり重心がかかるために骨が少しずつ削れて股関節症になるのが主な原因といわれており、西洋に比べ日本をはじめとする東洋の女性に特に多い特徴だといえます。
しかし臼蓋形成不全がない人でも、加齢とともに関節の変形が進み変形性股関節症になる方もいます。

変形性股関節症の治療法は?

変形性股関節症のレントゲン

変形性股関節症のレントゲン

変形性股関節症と診断されたら、体重を落としたほうがいいのは間違いないでしょう。まず湿布薬や消炎鎮痛剤の内服で痛みを和らげます。そのうえで、痛くない範囲で筋肉が衰えないように、股関節周囲の筋肉を維持するためのトレーニングを指導する場合もあります。股関節を動かさなければ強い痛みは出ないのですが、じっとしていると運動不足で体重が増え、筋力が衰えてしまいます。とはいえ、変形がひどくて痛みが高度の場合は、普通に歩くのも大変でしょうから、痛み止め薬を利用しできる範囲で日常生活を続けていただきます。
股関節に痛みが出始めてから、数年の経過で進行していく人が多いと思います。そのため、変形性股関節症と診断されたら、1年に一回程度はレントゲンを撮って経過を観察していきます。患者さんは、痛みがなくなれば通院しなくなるし、また痛くなれば再受診してきます。そうやって、2年も3年も外来に通っている人もいます。それでも痛みが軽くならない場合や、徐々に辛くて動きづらくなれば手術を考えることになります。

変形性股関節症の手術とは?

最近は、人工股関節置換術が知られてきていますし、人工股関節にする人が増えています。しかし少し前までは、人工股関節自体の寿命を考えると、若い人には人工股関節置換術はあまり勧められないとされていました。
そのため痛みはあるけれど関節の変形は軽め、関節軟骨が多少残っている場合や、年齢が若い人には骨盤や大腿骨の骨切り術が行われていました。
この手術方法、股関節の一部分を切り骨の形を変え、体重が一点だけにかからないように股関節の形を調整する方法ですが、多少回復までに時間がかかります。
最近の人工股関節は、性能向上などにより耐用年数が伸びており、また治療成績も良くなっているので、比較的若い人に行っても再置換を行う可能性が少ないので、骨切り術はほとんど行っていません。

人工股関節置換術を勧めるのはどんな場合ですか?

丸山 善弘 先生

股関節の変形がひどくて、じっとしていても痛みが取れない、動きづらいので日常生活に支障が出てきた、股関節の変形が進むと足の長さが短くなりますから、歩き方のバランスが悪い、跛行(はこう)が目立つようになったら、人工股関節という選択肢もあることを話しています。
ずっと寝たきりの人や、認知症などで手術をしてもその人の人生にあまり役に立たない場合は、手術は勧めません。このままだと自力で歩けない、車いす生活になりそうだ、車いすを使い始めたという時期までに、人工股関節置換術を行うのが理想です。数カ月間以上、ほとんど歩いていないという状態の人が人工股関節にしても、筋力はかなり低下しているので、なかなか元のように歩けるようには戻りません。そのため筋力がまだ残っている状態で人工股関節置換術を受けた方が良いと思います。
すでに他のクリニックで初期治療をしていた人が、人工股関節を希望して来る人もいますが、場合によってはしばらく通院してもらって筋力トレーニングなど行い様子を見ることもあります。関節の隙間がないくらい変形がひどくても、痛みが治まっているのなら、慌てて手術をすることはないのです。


記事の一覧へ
ページの先頭へ