関節治療の専門医に聞いてみました!

第161回 筋力強化や手術など関節痛を軽くする方法を一緒に考えていきましょう

ドクター
プロフィール
医学博士、ロコモアドバイスドクター
資格:日本整形外科学会 専門医 リウマチ認定医、日本リウマチ学会 専門医、日本骨粗鬆症学会 認定医
所属学会:日本人工関節学会、中部整形災害外科学会、JOSKAS、日本リハビリテーション学会、日本老年医学会
エリア 愛知県タグ
この記事の印刷用PDF
渡邉 剛 先生

日本には、2500万人ほどの変形性膝関節症の患者さんがいるといわれていますが、そのうち症状が出るのは、女性は2人に1人、男性は3人に1人といわれています。「関節変形があるから必ずしも痛くなるとは限らないけれど、痛みは我慢してはいけない」と話す国立長寿医療研究センターの渡邉剛先生にうかがいました。

年齢とともに増えていく変形性膝関節症?

変形性膝関節症

変形性膝関節症

歳とともに軟骨がすり減って関節が変形してくる変形性膝関節症が、膝痛の中で一番多いのですが、痛風や関節リウマチでも痛みが出ます。実際には、膝痛の治療をしていたけれど痛みが軽くならない、よく調べたら股関節の骨が折れていたというケースもありました。膝痛の原因が膝以外のところにあるのも、珍しくないのです。
レントゲンやMRIを撮ってみないと、膝の状態は確認できません。膝が痛い、腫れている、階段が昇りづらい、さらに痛くて夜眠れないなどの場合は、整形外科を受診してください。自己流で判断してはいけません。

変形性膝関節症にはどういう対応策がありますか?

家でもできるトレーニング

家でもできるトレーニング

まずは筋力トレーニングが必要です。膝は動かさなければ痛くないので、なるべく外に出ないでじっとしている人がいます。でも、そのうちに大腿四頭筋など脚の筋力が落ちて、膝がぐらぐらしてきます。膝が不安定だと、よけいに痛みが出ます。
治療としては、鎮痛剤を飲んだり、湿布を貼ったり、場合によってはヒアルロン酸の注射も効果があります。ヒアルロン酸は潤滑剤です。週1回、5回ワンセットの関節内注射で痛みが軽くなるだけでなく、関節内を滑らかにする意味もあります。そうやって痛みを取りつつ、筋力トレーニングや膝の曲げ伸ばしの運動など保存療法を続けることが基本です。
具体的には、椅子に座って足をまっすぐに伸ばしたり下ろしたりする運動を、毎日続けるだけでもいいのです。特別にジムでトレーニングする必要はありません。逆に、器械を使ったトレーニングは、膝を傷めてしまう場合がありますから注意が必要です。自分で動かすトレーニングの方が効果的です。

最低3カ月は保存療法で頑張る?

これらの保存療法をどのくらい続けるかは、患者さん次第。ただし、筋力トレーニングの効果が出てくるのに2~3カ月かかりますから、最低3カ月は続けてください。膝関節の変形があっても、日ごろからあまり歩き回らない人だったら、それほど痛み は感じないかもしれません。逆に、変形がひどくなくても、活動性の高い人はとても困るでしょう。膝に負担をかけ過ぎないためには体重を落とす必要もありますが、そう簡単には痩せられないでしょうから、筋力をつけることが第一。それでも辛さが軽 減されなければ、手術を勧めることもあります。


記事の一覧へ
ページの先頭へ