関節治療の専門医に聞いてみました!

第165回 人工股関節置換術は医師と患者との合作信頼できる医師とじっくり相談を!!

ドクター
プロフィール
2004年 弘前大学医学部卒業、JR東京総合病院、心身障害児総合医療療育センター、東京都立広尾病院、東京逓信病院、東京大学医学部附属病院での経験を経て現職に。
資格:日本専門医機構認定整形外科専門医、日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医、日本整形外科学会認定リウマチ医、日本体育協会認定スポーツドクター
エリア 東京都タグ
この記事の印刷用PDF
大嶋 浩文 先生

中高年の女性をはじめとして多くの人たちが抱えている悩みの一つが、股関節の痛み。
いろいろな情報が手に入りやすい時代だからこそ、信頼できる専門医とじっくり話をして、自分に最も合った治療法を選択することが大事、と話す、大嶋浩文先生に変形性股関節症の治療について聞きました。

股関節に生じる代表的な疾患は?

通常の股関節(左)と寛骨臼形成不全(右)

通常の股関節(左)と寛骨臼形成不全(右)

股関節に生じる病気の代表的なものとして挙げられるのは、変形性股関節症、大腿骨頭壊死症、関節リウマチです。変形性股関節症は、生まれつき、大腿骨頭を覆う骨盤の形状が浅く、体重を支える面が小さいために、負担が集中して軟骨がすり減る割合が大きくなるのが主な原因です(寛骨臼形成不全)。また変形性股関節症は、遺伝する可能性があることが報告されています。そのため、身内で小児期に股関節の治療を受けた方や、成人になってから人工関節の手術を受けたことがある方がいる場合は注意が必要です。
大腿骨頭壊死症は、ステロイドの大量療法を経験したことがある方や、アルコールを過剰に摂取している方は注意が必要です。関節リウマチは、診断がついている方は定期的に骨関節のチェックをしてください。
まれに高齢者の方で、脊椎の変形が進み、股関節にかかる荷重環境の変化から微小な骨折を生じ(大腿骨頭軟骨下脆弱性骨折)、急速に変形性股関節症に進行する例があります(急速破壊型股関節症)。

受診のきっかけについて教えて下さい?

レントゲンで骨の状態をチェックします。

レントゲンで骨の状態をチェックします。

動作時や歩行時に股関節の辺りが痛いと訴えて受診する方が多いと思います。股関節が悪いと思っていても、本当は腰が原因であることもあり、どちらが痛みの原因か判断しにくい場合があります。そのため、詳しい診察や疑わしいところをレントゲンやCT、MRIなどで調べます。時に判別のため、ブロック注射を行うこともあります。
そのほか当院では、違う診療科に通院している方が、実は股関節が悪いのではと紹介されてくるというケースもよくあります。

変形性股関節症の治療法にはどのようなものがありますか?

変形性股関節症のレントゲン

変形性股関節症のレントゲン

変形性股関節症と診断されたら、その進行度が重要になります。初期の場合は、消炎鎮痛剤で痛みを抑え、運動療法を中心とした保存療法が優先されます。ストレッチやマッサージ、体幹から股関節周囲の筋力強化、そのほかにも特殊な動きを取り入れた訓練など、運動療法にはさまざまな種類があります。
大切なのが体重のコントロールです。股関節は体重がかかる関節です。動きによっては体重の3~5倍の負担が股関節にかかってきますから、体重が40㎏の方と60㎏の方とでは、股関節が長持ちする年月が違ってくるでしょう。少しでも体重が減れば、その3~5倍も負担が減ることになります。
保存療法は、手術を回避するためにも重要ですが、仮に手術が必要になったとしても、十分な運動療法によって得られた可動域や筋力はよい手術結果につながります。


記事の一覧へ
ページの先頭へ