関節治療の専門医に聞いてみました!

第178回 股関節痛の原因は様々、治療法も色々、痛みを我慢せずに専門医に相談を

内山 勝文 先生
ドクタープロフィール
専門分野:股関節外科、骨バンク
資格:日本整形外科学会専門医
福島 健介 先生
ドクタープロフィール
専門分野:股関節外科、スポーツ、骨バンク
資格:日本整形外科学会専門医、日本体育協会公認スポーツドクター、日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション専門医
エリア 神奈川県 タグ
この記事の印刷用PDF

超高齢社会の今、股関節の痛みを抱えている人が増えています。「もともと股関節が変形しやすい骨格の人もいますが、高齢ゆえに起こる痛みもありますから、我慢しないで専門医に相談してください」と話す、北里大学病院のお二人の専門医に聞きました。


寛骨臼形成不全の人がなりやすいのですか?

正常  寛骨臼形成不全

    正常       寛骨臼形成不全

内山 股関節の痛みの原因は、日本では寛骨臼形成不全の人が多いです。他には幼児期に、股関節を脱臼したことが原因(先天性股関節脱臼)で変形性股関節症になる人もいらっしゃいます。
また当院に来るまでに、痛み止めの薬や運動療法、体重のコントロールを指示されて頑張ってみたけど痛みが改善しないので手術目的で来院される人も多くいらっしゃいます。

福島 股関節の痛みを訴え病院にやってくる人の8 割くらいは、もともと寛骨臼形成不全が原因で、女性に多いのも特徴です。40 代くらいになって股関節が痛くなり、その時初めて寛骨臼形成不全だということがわかったという人もいます。
変形性股関節症の原因として、最近は、骨粗しょう症やホルモンバランスの変化などが何らかの形で関与しているのではないかともいわれるようになりました。
そのほかに幼い時に股関節を骨折したことが原因で変形性股関節症に発展することもあり、最近は骨粗しょう症が原因と考えられる変形性股関節症が増えている傾向もあります。

手術はどのタイミングですればいいですか?

変形性股関節症のレントゲン

変形性股関節症のレントゲン

内山 以前は、変形性股関節症の最後の手段が人工股関節置換術と考えられていました。しかし最近は、股関節がすっかり変形して硬く状態が悪くなる前に、患者さんのQOL(生活の質)を上げるために、手術を勧めることが多くなっていると思います。

福島 レントゲンで「股関節の変形が進んでいるから手術しましょう」と、決めるものではありません。手術をするかしないかは、生活の質が保てなくなったら考えてみてはいかがでしょうか。股関節の状態によって手術も様々な方法がありますが、変形性股関節症で命がなくなるわけではありません。手術をするかどうかは、患者さん自身の希望次第です。
手術は、患者さんの生活の質を保つために行うものです。もともとあまり外出しない、動かないからあまり痛くない、薬を飲んで痛みを軽くできれば手術を望まないというのであればそれでもいいと思います。
少し前まで人工股関節置換術の適応は60歳以上といわれていました。最近は、人工股関節の素材や性能が向上し、30年以上は持つと期待しています。そのため、痛みのために60歳までの活動的な時間をいたずらに我慢するよりも、手術を受け、できることをしっかり行った方が良いのではないかと思います。

どのような手術がありますか?

骨切り術

骨切り術

福島 手術にもいくつかの種類があります。
股関節の関節唇が損傷していると痛みの原因になります。股関節の軟骨は傷んでおらず、関節唇が原因の場合には、内視鏡手術を行うこともあります。
内視鏡手術は、股関節周りに1㎝くらいの穴を2~3ケ所あけてカメラや手術器具を入れ、モニターで股関節の状況を確認しながら、痛みの原因になっているものを除去したり、縫合したりします。また股関節の滑膜が炎症を起こしている場合は、滑膜を除去することもあります。
寛骨臼形成不全の人でまだ股関節の変形がそれほど進んでいない場合には、骨切り術を行うこともあります。骨盤側のかぶりの面(臼蓋)を切って、骨の形を変えます。股関節の一部に体重の負担がかかっているので、骨の形を変えることで負担を分散することができます。入院期間は少し長く、すぐにどんどん動けるようになるわけではありませんが、いいタイミングで骨切り術ができれば、その後、人工股関節にしなくてすむ人もいます。


記事の一覧へ
ページの先頭へ