関節治療の専門医に聞いてみました!

第184回 膝・股関節の痛み治療方法も様々
まずは専門医に相談を

ドクター
プロフィール
資格:日本整形外科学会整形外科専門医、日本リウマチ学会リウマチ専門医
エリア 埼玉県タグ
この記事の印刷用PDF
石井 隆雄 先生

「人工関節は痛みがとれるのが最大のメリット。痛みを取り除けることで、多くの方が喜んでいます。ただし手術の決心ができない方に無理には勧めません」と話す石井隆雄先生。人工膝関節置換術と人工股関節置換術の流れなどを聞きました。

変形性膝関節症、変形性股関節症の原因は?

O脚と正常な脚

膝の使い過ぎや肥満、加齢などいろいろな因子が重なることで膝の軟骨が徐々にすり減り、関節が変形し痛みが出てくるのが変形性膝関節症です。女性に多いのも特徴なので、ホルモンも関係しているのではないかともいわれています。特に日本人は欧米人に比べ膝の内側が変形しO脚になる方が多く、O脚だと膝の内側に体重がかかりさらにO脚が進んでいくという悪循環に陥りやすくなります。
股関節の痛みの原因で多い変形性股関節症の場合は、もともと臼蓋形成不全という骨盤の被りが浅い方が、年齢とともに股関節の変形が進み、痛みが出てくることがあります。

治療方法について教えてください。

ヒアルロン酸の関節内注射

ヒアルロン酸の関節内注射

膝・股関節ともに、まずは薬や外用剤で痛みを軽くする対応をとります。そのほかに膝の場合はヒアルロン酸の関節内注射で一時的に痛みを軽くすることもできますが、変形した関節を治すことはできません。また膝を支える太腿の筋肉を落とさないようにトレーニングをして、膝関節を守りながら痛みを軽くする運動療法を行います。このような手術をしない保存療法を行います。
保存療法を続けても痛みが改善されない場合、手術をすることがあります。
代表的な手術方法には意図的に骨の形を変える骨切り術、痛んだ関節を人工のものに置き換える人工関節置換術があります。

手術の目安や年齢制限はありますか?

膝術前写真

膝術前写真

膝術後の写真

膝術後の写真

O脚がかなり進んでいる方でも、普通に生活しスポーツを楽しんでいる方もいらっしゃり、関節の変形だけで手術を行うことはありません。人工関節置換術は痛みが取れるのが最大のメリットだと思いますが、手術を受ける決心がついていない方に無理に手術を勧めることはありません。もしも痛みが強いために日常生活動作に支障が出ているようであれば、手術を勧めることがあります。
しかし中にはレントゲン上では変形があまり見られないのに、痛みを訴えられる場合があります。その場合は、色々な検査をして治療方法を検討していきます。
人工膝関節置換術の場合、70代~80代の人が中心ですが、90歳を超えた方に手術を行ったこともあります。心臓などの臓器の状態が悪くないか術前検査で十分にチェックし、可能であれば年齢を問わず手術を行っています。50代の方でも耐久性のお話をして手術を行っています。
人工股関節置換術の場合は、手術を受ける年代のピークがふた山あります。まず、一つが50代で生まれつき股関節が臼蓋形成不全の方が、変形が進行してその年齢でどうしても痛みに耐えられなくなったという場合です。もう一つが、70代、80代の方が加齢により変形が進み、この年代になって我慢できないほど痛みが出た場合です。


記事の一覧へ
ページの先頭へ