数字で見る関節の痛み

65歳以上女性の不調のうち、2番目に多い自覚症状が「関節痛」

65歳以上の有訴者率上位5位(10万人対)

手足の関節の痛みを訴える人は、男女ともに40代後半世代では5位であるが、65歳以上では男性で4位、女性で2位と、高齢になると割合も順位も上がっている。また、「手足の関節が痛む」人の割合は女性の方が男性に比べて約1.6倍も多い。(65歳以上で比較)

(A)厚生労働省 :平成28年国民生活基礎調査 概況 「第10表 性・年齢階級・症状(複数回答)別にみた有訴者率(人口千対)」より

健康寿命を延ばすことが大切

日本人の健康寿命

健康寿命とは、心身ともに健康に過ごせる期間のことで、平均寿命から介護や支援が必要な期間を引き算した年数です。最新のデータ(2013年)では、平均寿命は男性80歳、女性87歳であり、健康寿命は男性71歳、女性74歳。つまり、男性では9年、女性では13年、自立して生活できない期間があることになり、長い人生をより楽しむためにはこの健康寿命を延ばすことが大切です。

(B)厚生労働省:平成25年簡易生命表「1 主な年齢の平均余命」
(C)厚生科学審議会 (健康日本21(第二次)推進専門委員会)  厚生科学審議会地域保健健康増進栄養部会「健康日本21(第二次)各目標項目の進捗状況について」

ページの先頭へ