人工関節とは

人工肘関節について

関節疾患の多くは比較的にゆっくりと症状が進行する慢性型のため、「加齢」という理由で見過ごされてしまうこともあります。 しかしその結果、疾患の度合いが進んでしまうと、関節に強い痛みや熱が発生したり、あるいは肘がのびなくなったり、ボタンかけといった基本的な動作が制限されてしまう事態になりかねません。 人工肘関節置換術は、主に変形性肘関節症や関節リウマチの関節疾患を治療する代表的な手術療法のひとつです。 本コンテンツでは、この人工肘関節置換術について手術前から手術後までの流れも含めてわかりやすくご紹介しています。

  • 人工肘関節置換術とは

    詳しく見る

    人工肘関節置換術とは、変形性肘関節症や関節リウマチによって変形した肘関節の表面を取り除いて人工関節に置き換える手術です。

  • 入院と手術の準備

    詳しく見る

    人工肘関節置換術の入院前に必要な準備から退院までを一連の流れでご紹介します。

  • 手術から退院まで

    詳しく見る

    手術中の出血予防として駆血帯(タニケット)が二の腕に巻かれます。そして、皮膚を切開します。

  • リハビリテーション基礎知識

    詳しく見る

    関節の安定を保つ役割を果たしている筋肉や腱は、動かさないとすぐに弱ってしまいます。

  • 退院後の注意点

    詳しく見る

    手術後は、関節の痛みやこわばりが和らぐとともに、医師の指示に従いながら日常の生活動作の多くを再開できるようになります。

  • 合併症について

    詳しく見る

    人工肘関節置換術を行った際に、まれに別の病気が起きることがあります。これを合併症といいます。

  • 質問・回答コーナー

    詳しく見る

    「もっと詳しく知りたい」と思った方のために、いくつか参考になる文献を紹介します。

ページの先頭へ