人工肘関節について

入院と手術の準備

インフォームドコンセント

医師からインフォームドコンセントと呼ばれる術前説明があります。

入院の準備

手術の前に、必要な検査を受けます。服用しているくすりがあれば必ず病院のスタッフに伝えてください。出血をおこしやすいくすりは、一時的に服用を中止していただくことがあります。
手術を受けられる体調であることが確認されたら、入院のための準備品などの説明を受けます。
入院から手術までの一般的な流れを記載していますが、施設によって内容や呼び名が変わります。

入院

糖尿病など既往の病気をお持ちの方は手術前日より早く入院が必要となる場合もありますが、一般には手術前日に入院となることが多いようです。入院の日取りについては医師にご確認ください。

手術準備

当日は手術用の着衣に着がえ、腕に小さなチューブ(静脈ライン)を挿入します。このチューブは、手術中に抗生物質やその他のくすりを投与するために使います。

麻酔

手術室に入ると麻酔がおこなわれます。全身管理をしやすいように、多くの場合全身麻酔を行います。麻酔が十分に効いてきたら、消毒液を使って患部を消毒します。

ページの先頭へ