人工関節コラム

コラム 31
「高額療養費制度」改正のご案内

70歳以上、なおかつ年間所得770万以上の方が対象です

高額療養費制度は平成30年8月より自己負担限度額が一部引き上げとなります。
ご年齢が70歳以上で、およそ770万円以上の年収をお持ちの方が引き上げ対象です。
平成30年7月までは年収770万円未満の方と同じ一律の上限額が適用されます。

 

例えば、年収1,160万円以上の高所得の方においては、従来の自己負担限度額と比べ、平成30年8月の改正後は約3倍に増えます(約17万円の負担増)。改正後は、所得額に応じた上限額へとスライドしますので詳しくは下表をご確認ください。

 

なお、年収770万円未満の方や住民税非課税の方は平成30年8月の改正における自己負担額の変更はありませんが、医療費制度は定期的に見直しが計られ、改正されていますので、最新の情報は厚生労働省のホームページや、または手術を検討されている医療機関へご相談いただけますよう、お願いします。

厚生労働省ホームページ
高額療養費制度を利用される皆さまへ

旧制度
1か月の自己負担限度額(*1)
所得区分 自己負担額
住民税
非課税の方
年金収入のみの方の場合、年金受給総額80万円以下など、総所得金額がゼロの方 15,000円
上記以外の方 24,600円
一般 57,600円
現役並み所得者(*2) 80,100円+(10割分の医療費-267,000円)×1%
新制度
1か月の自己負担限度額(*1)
所得区分 自己負担額
住民税
非課税の方
年金収入のみの方の場合、年金受給総額80万円以下など、総所得金額がゼロの方 15,000円
上記以外の方 24,600円
一般 57,600円
年収約370万~約770万円 80,100円+(10割分の医療費-267,000円)×1%
年収約770万~約1,160万円 167,400円+(10割分の医療費-558,000円)×1%
年収約1,160万以上 252,600円+(10割分の医療費-842,000円)×1%

(*1)差額ベット代やテレビ利用料などは医療費に含まれません。
(*2)月収28万円以上などの窓口負担3割の方

ページの先頭へ