肘関節の痛み

痛みの原因から対処法まで

肘関節の痛みは変形性肘関節症などの疑いがあります。変形性肘関節症は、症状が進行すると関節に強い痛みや熱が生じたり、洗顔や食事、着替えといった基本的な日常動作(ADL)を妨げる要因となりえる病気です。慢性的な痛みだからと見過ごされ、症状が進行すれば、握力の低下や肘が十分に曲げ伸ばせないなどのリスクも増大します。ここでは治療法として「人工肘関節置換術」を分かりやすくご紹介します。

  • 肘関節のしくみ

    詳しく見る

    肘関節は、物を持ったり、立ち上がり動作で体を支えようとしたときに、骨同士がぐらぐらしないよう筋肉や腱けんで支えています。
    それぞれの骨の構造や役割を分かりやすく解説します。

  • 原因となる病気

    詳しく見る

    肘関節の痛みや変形の原因は、炎症・腫瘍・外傷によるものなど様々です。激しい痛みを生じさせる疾患としては、変形性肘関節症や関節リウマチなどがよく知られています。

  • 治療法

    詳しく見る

    程度が軽い場合は、投薬や理学運動療法といった保存的療法で症状を和らげることができます。ただし、痛みが継続する場合や、極端な変形で生活が困難になった場合、また関節リウマチが進行した場合には、人工肘関節置換術などの手術療法が必要になります。

ページの先頭へ