股関節の痛み

変形性股関節症(OA)

変形性関節症とは

変形性関節症とは関節への負担が原因で起こる関節疾患(しっかん) で、軟骨(なんこつ)の破壊及び軟骨と骨の変形を来たし、 慢性(まんせい)の関節炎を伴います。関節が痛むため、関節リウマチと間違えられやすい病気です。

股関節に起きた変形性関節症を変形性股関節症(へんけいせいこかんせつしょう) とよびます。変形性股関節症が進行し重症になると、関節の変形や運動痛、可動域(かどういき)制限等により、起立や歩行に大きな影響を与えるため、QOL(クオリティ・オブ・ライフ= 生活の質)を著しく低下させます。

「変形性関節症」は英語で“Osteoarthritis”といい、その頭文字から 「OA(オーエー)」と略されることもあります。

変形性股関節症の患者数

国内におけるX線診断による変形性股関節症の有病率は1.0~4.3%で1)、これを日本の人口で換算すると120万~510万人になります。また、男性は0~2.0%、女性は2. 0~7.5%で、女性の方がかかりやすい傾向にあります。

日本の場合、先天性股関節 脱臼 ( だっきゅう ) や先天性 臼蓋形成不全 ( きゅうがいけいせいふぜん ) が原因で長い年月のうちに変形性股関節症となるケースが90%を占めています。
先天性股関節脱臼は、幼児期のおしめの巻き方が原因で起こる場合もあり、最近は減少傾向にあります。

変形性関節症のメカニズム

正常な関節では、筋肉や腱(けん)、靭帯(じんたい)が関節への負担を適切に分散し、関節に直接の衝撃がかからないしくみになっています。しかし、変形性関節症では、加齢(かれい)や過度の関節運動、遺伝的要因、関節不安定症、繰り返しの亜(あ)脱臼や脱臼、体重の増加や外傷などによって(あるいは複合的な要因によって)、その分散のしくみが正常に機能しません。

そのため、クッションの役目を担う軟骨に過度な負担がかかり、軟骨の変性、磨耗(まもう)や消失、骨同士のこすれあい、変形へとつながります。

変形性股関節症の場合には、先天性股関節脱臼や先天性臼蓋形成不全により股関節が変形しているケースが多くみられます。

変形性股関節症のメカニズムと症状は次の通りです。

  1. 1) 股関節の先天的な奇形や加齢によって、軟骨の表面に軽度の磨耗が起こり、軟骨の構成成分が変化(変性)します。このときにはまだほとんど自覚症状はありません。

  2. 2) 軟骨のすり減りが徐々に進み、骨と骨の隙間が減っていきます。 軟骨の磨耗による刺激や、関節への負担により関節炎が起こります。この頃から、股関節の付け根( 鼠径部(そけいぶ))や大転子付近に痛みを感じるようになります。

  3. 3) 関節軟骨の水分保持能力が減少し、軟骨の弾力が失われていきます。
    また、股を開いたりあぐらをかくことが難しくなります。(可動域制限)
    靴下を履いたり、足の爪を切る動作なども困難になります。

  4. 4) 軟骨のすり減りがさらに進み、消失することにより軟骨の下の骨が徐々に露出されるようになります。 実際に骨同士がこすれあうので、痛みがひどくなります。骨が押しつぶされて 骨硬化(こつこうか)がみられるようになります。

  5. 5) 骨同士がぶつかるようになると、骨そのものが変形しはじめます。
    とげのように飛び出して変形した骨を 骨棘(こつきょく)といいます。関節の安定が失われているため、歩行時には上体が左右に揺れたり、足を引きずったりするようになります。激しい痛みは、やがて安静時や睡眠時にも続くようになります。

  6. 6) 末期の症状として、股関節が拘縮(こうしゅく)や強直(きょうちょく)(骨同士がくっついた状態で固まること)になると、股関節を全く動かせなくなります。

変形性関節症の診断

変形性関節症は通常、X線撮影で診断できます。軟骨の部分はレントゲンに写らないため、骨同士のすきまの開き具合、骨の形を医師は観察します。関節リウマチなどのほかの病気が疑われる場合には、血液検査や関節液検査を行うこともあります。
また、関節軟骨や、滑膜(かつまく)、靭帯などの状態を把握するためにMRI撮影による検査を行う場合もあります。

出典

1: 「変形性股関節 症診療ガイドライン」 平成20年5月 日本整形外科学会診療 ガイドライン委員会、変形性股関節症ガイドライン策定委員会

ページの先頭へ