股関節の痛み

股関節のしくみ

股関節は、球関節(きゅうかんせつ)(ボールと受け皿の関節)として知られており、大腿骨(だいたいこつ)(太ももの骨)の丸い骨頭(こっとう)(ボール)が骨盤の臼蓋(きゅうがい)(受け皿)に組み合わさってできています。
ボールと受け皿の表面は軟骨でおおわれ、股関節のまわりは筋肉や腱に囲まれて補強されています。 こうした組織が股関節を支え、安定した動きを与えています。

股関節の構造

股関節は球関節として知られており、大腿骨の骨頭が骨盤の臼蓋に組み合わさってできています。股関節を形成する、この2つの骨には部位ごとに名前があります。

詳しく見る

股関節の保護機能

股関節は、体の中でも人間の動作に深く関わり、繰り返し使用する部位です。股関節には、体を安定させたり、関節内で起こる摩擦や衝撃のダメージを減らすための優れた機能が備わっています。

詳しく見る
ページの先頭へ