膝関節の痛み

関節リウマチ(RA)

リウマチと関節リウマチ

日本では、 「リウマチ」という言葉が一人歩きをして、「手足が痛む病気=リウマチ」と捉(とら) えられがちです。 しかし、手足が痛む病気の中には、 膠原病(こうげんびょう) ・ 乾癬(かんせん)性関節炎・強直性脊椎 (きょうちょくせいせきつい)炎・変形性関節症などのリウマチ性疾患と痛風(つうふう)、偽痛風、感染性関節炎など、 100種類以上もの病気が含まれます 。

この中でも、「関節リウマチ」は、膠原病に含まれる代表的な病気の1つで、指、手関節、肘、膝、足関節など、 からだの多くの関節で炎症が起きる病気です。

「関節リウマチ」は英語で“Rheumatoid Arthritis”といい、その頭文字から、 「RA(アールエー)」と略されることもあります。

関節リウマチの患者数

厚生労働省の報告によると、国内におけるリウマチの患者数は、一般的に約70~80万人1) といわれており、高齢化の中、患者数は年々増加傾向にあるようです。

発病はすべての年代で起こりえますが、30歳代から50歳代で最も多く、 15歳以下で発病した場合には若年性関節リウマチとして区別されています。

日本人の場合、男女比は1:3と女性が多く、男性の3倍となっています。

関節リウマチのメカニズム

関節リウマチの病因は体内の免疫(めんえき)システム(ウィルスなどの外来の病原体から体を守るために、 抗体(こうたい)を作って原因を攻撃すること)が関係していると考えられていますが、まだはっきりと解明されていません。 しかし、病気が進行するメカニズムは徐々にわかってきています。

  1. 1) 関節を包む関節包(ほう)の内側で関節液を作る滑膜(かつまく)という薄い膜がなんらかの原因で炎症を起こし 、同時に滑膜細胞が異常増殖します。

  2. 2) 滑膜内の血管が増加し、この滑膜組織に白血球(リンパ球やマクロファージなど)が入り込みます。

  3. 3) 関節内で自己免疫(自分自身の細胞を攻撃してしまうこと)が起こり、 マクロファージが炎症性サイトカイン(腫瘍壊死(しゅようえし)因子TNF-αなど)を放出します。

  4. 4) TNF-αが、主に破骨(はこつ)細胞・軟骨(なんこつ)組織などの増殖を引き起こします。

  5. 5) 破骨細胞・軟骨組織の過剰産生により軟骨や骨の破壊が進み、やがて関節の変形、 時に脱臼 (だっきゅう)へとつながります。

関節リウマチの症状

関節リウマチの初期の症状は関節炎に伴うこわばり腫れと痛み発熱などです。 関節以外にも全身倦怠感、痛みなどの症状が現れることがあります。 病気が進行すると関節の軟骨や骨が破壊され、関節の変形に伴う 屈曲拘縮 (くっきょくこうしゅく)、強直、脱臼といった重い症状が出るようになります。

※ すべての症状がかならずしも起こるわけではありません。

関節リウマチの診断

関節リウマチは、他のリウマチ性疾患の病気と似通った症状があるため、関節リウマチかどうか、 自分だけで判断するのは難しい病気です。医療機関では、次のようなアメリカリウマチ協会の診断基準に則り、 診断を行っています。

アメリカリウマチ協会の関節リウマチ診断基準(1987年改訂)

  • □ 朝のこわばり(1時間以上)が、6週間以上続いている

  • □ 3箇所以上の部位での関節の腫れ(関節腫脹(しゅちょう))が、6週間以上続いている

  • □ 手首の関節または手掌の関節または手指の関節の腫れが、6週間以上続いている

  • □ 左右対称性の関節の腫れ(関節腫脹)が、6週間以上続いている

  • 皮下結節 (ひかけっせつ)がある

  • □ 血液検査(RAテスト)による血清リウマトイド因子が陽性である

  • □ 手指、手関節のX線所見で変形が認められる

※ 上記7項目のうち、4項目以上に該当した場合、関節リウマチと診断されます。

出典
1: 「リウマチ・アレルギー対策委員会報告書」平成23年8月 厚生科学審議会疾病 対策部会 リウマチ・アレルギー対策委員会

ページの先頭へ