膝関節の痛み

膝関節のしくみ

膝関節は、大腿骨(だいたいこつ)(太ももの骨)脛骨(けいこつ)(すねの骨)、そして大腿四頭筋(だいたいしとうきん)(太ももの筋肉)膝蓋腱(しつがいけん)に支えられた膝蓋骨(しつがいこつ)(お皿)の3 つの骨が組み合わさってできています。脛骨の上を大腿骨が前後にすべり転がることによって膝の曲げ伸ばしが可能になります。
この3つの骨の表面は弾力のある柔らかな軟骨で覆われ、クッションの役目を果たしています。また大腿骨と脛骨の間にある半月板(はんげつばん)にも、関節に加わる衝撃を吸収する役目があります。

膝関節の構造

膝関節は、3つの骨からできており、脛骨の上に大腿骨が乗り、更に大腿骨の前面には膝蓋骨があります。また、骨の表面は軟骨で覆われており、関節が滑らかに動くようにできています。

詳しく見る

膝関節の保護機能

膝関節は、体の中でも人間の動作に深く関わり、繰り返し使用する部位です。膝関節には、体を安定させたり、関節内で起こる摩擦や衝撃のダメージを減らすための優れた機能が備わっています。

詳しく見る
ページの先頭へ