関節治療の専門医に聞いてみました!

第286回 ひざの痛みをあきらめないで
原因を正しく把握し
適切な治療選択を

  • 岩澤 智宏 先生
  • 西能病院/整形外科センター西能クリニック 医長
  • 076-422-2211
ドクター
プロフィール
専門分野:整形外科一般、関節外科(特に膝、肩)、スポーツ障害、骨粗鬆症
資格:日本整形外科学会専門医、日本整形外科学会認定スポーツ医、日本スポーツ協会公認スポーツドクター、日本骨粗鬆症学会認定医、日本人工関節学会認定医
エリア 富山県タグ
この記事の印刷用PDF
岩澤 智宏 先生

術後の疼痛コントロールについて教えてください

術後に痛みで動けないと、ふくらはぎの静脈に血の塊(血栓)ができ、それが飛んで肺に詰まると肺塞栓症、心臓に詰まると心筋梗塞、頭部に詰まると脳梗塞といった重篤な疾患を引き起こすことがあります。それを予防するには、手術翌日からの早期離床、早期リハビリが非常に重要となりますので、それを妨げないためにも術後の痛みのコントロールは欠かせません。現在では、手術中に骨の周りや傷口の周りに局所麻酔の注射を打つことで、術後の疼痛はかなり抑えられるようになっています。

人工膝関節置換術後、どのくらいの期間入院するのでしょうか?

リバビリテーションルーム

リバビリテーションルーム

脚の形や体重のかかる場所が変化したことに慣れたり、腫れや痛みなどの症状が落ち着いて自宅での生活に自信がつく頃と考えると、患者さんの状態によって前後しますが全置換術で約1カ月、部分置換術で約3週間が一般的だと思います。リハビリでは立つ、歩くといった基本的な動作から開始し、階段の昇り降りなど可動域を広げていきます。退院後の生活に困らないように、前もって自宅の住宅環境をうかがい、それに合わせたトレーニングも入院中に行っていきます。

日常生活やスポーツに制限はありますか?

日常生活については、特に制限はありません。スポーツに関しても、ゲートボールやゴルフといった膝に強い負担のかからないものであれば、退院後行っても問題ありません。近年、人工関節の素材やデザインが大幅に進化しているため、耐用年数も以前と比べて大きく伸びています。しかし、何か新しいスポーツを始めたり挑戦したりする時には、医師に相談してからにした方が良いでしょう。
また、上手に人工関節と付き合っていくためには、痛みが強くなったり動きが悪くなっていないか、炎症や感染が起きていないか、人工関節が破損していないかなどを定期的にチェックしてもらうことが大切です。どんなに調子がよくても、定期検診は必ず受けるようにしてください。

膝の痛みや変形に悩んでいる人へアドバイスをお願いします

岩澤 智宏 先生

膝は、立つ・座る・歩くといった日常生活動作の中で非常によく使う関節ですから、ここが悪くなると日常生活の様々な場面で支障をきたすようになります。ただし、膝の痛みが原因でやりたいことをあきらめる必要はありません。今は色々な治療法があります。適切なタイミングで治療を受ければ、保存療法だけで改善する人もたくさんいらっしゃいますし、たとえ手術が必要になった場合でも、現在は手術手技も人工関節も以前に比べて格段に進化していますので、前向きに治療と向き合っていただければと思います。
膝の専門医に相談していただければ、患者さんそれぞれの状況や、希望する目標にふさわしい治療法を提示し、一緒に取り組んでいってくれるはずです。違和感や痛みなど気になることが少しでもあれば、まずはご自身の膝の状態を知るためにも整形外科に受診されることをお勧めします。


記事の一覧へ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ページの先頭へ