メニュー

専門医インタビュー

さまざまな治療法から納得のいく選択を 変形性膝関節症の治療は専門医にご相談ください

この記事の専門医

中村 伸哉 先生

東京都

プロフィールを見る

同愛記念病院(初期研修医)、東京大学医学部附属病院(初期研修医)、横浜労災病院整形外科、東京大学医学部大学院整形外科学教室、国立障害者リハビリテーションセンター整形外科を経て現職へ
資格:日本整形外科学会専門医

この記事の目次

手術後の痛みの管理方法やリハビリについて教えてください

歩行器を使って歩く練習
ブロック注射

ブロック注射

手術による痛みを軽減させるために、手術直前にブロック注射を行ったり、手術を終える前に関節の周りに痛みや炎症を抑える薬を複数混ぜたものを注射(カクテル注射)したりします。また、様々な作用機序の薬剤を複合的に行うことで、術後の痛みが以前と比べ軽減しており、安静時の痛みはほとんどありません。手術後の痛みがコントロールできていることで、以前よりも患者さんの満足度が向上し、リハビリもスムーズに進めることができるようになっています。
人工関節の手術を受ける方は、長年膝の痛み苦しんでおられる方が多く、筋力がかなり落ちていることがあります。手術後は、筋力を取り戻すのに時間がかかるので、しっかりリハビリを行うことが大切です。リハビリは、手術翌日から車いすに乗る練習などから始めていき、患者さんの状態に合わせて、平行棒や歩行器を使って歩く練習や段差を歩くトレーニングを行います。膝の曲げ伸ばし訓練は、CPM(continuous passive motion:持続的関節他動訓練器)と言う機械も使って行い、膝が120°くらい曲げられることを目標としてリハビリを行っていきます。

自宅に戻ってから気を付けることはありますか?

筋力トレーニング

ご自宅に戻られてからの生活は、布団や和式トイレ、床に直接座るなどの和式の生活ではなく、ベッドや椅子など洋式の生活に変更したほうが理想的で、膝への負担を軽減できます。リハビリは入院期間中だけでなく、しっかり歩いたり、趣味を行ったりするために筋力トレーニングや可動域訓練は退院後も続けるようにしましょう。
人工関節の手術を受けた方の中には、ハイキングに行かれたり、テニスやゴルフをされている方もおられます。しかし、人工関節が緩んだり、摩耗したりすることがあるので、どんなに調子が良くても人工関節の状態を確認するために定期的な通院は忘れないようにしましょう。

膝の痛みに悩んでいる方へ励ましのメッセージをお願いいたします

膝に痛みを感じたら、まずは整形外科を受診し、正しく診断してもらい、痛みの原因が何なのかを知りましょう。
早期に治療を開始できれば、たくさんの治療法があります。膝の痛みにご自身がどれくらい困っているのか、これからどういうことをしていきたいかをしっかり医師に伝え、十分に相談してからご自身が納得のいく治療を選択してください。


この記事の医師がいる
病院の詳細はこちら

ページの先頭へもどる

PageTop