関節治療の専門医に聞いてみました!

関節の痛みや変形、リウマチに悩んでいる方へ。

症状の進行や対処法、具体的な治療法など、人工関節治療の専門医からのアドバイスを掲載します。

すべての記事を表示しています
大森 敏規先生
膝関節 岡山県
  • 大森 敏規先生
  • 岡山労災病院 リハビリテーション科
  • 第222回 膝の痛みは年齢や活動レベルによってさまざま 膝に痛みがあれば整形外科の専門医に相談を

遠藤 裕介先生
股関節 岡山県
  • 遠藤 裕介先生
  • 岡山労災病院 整形外科部長 兼 人工関節センター長
  • 第221回 股関節の痛み専門医に相談し自分の状態に適した治療や生活のアドバイスを受けましょう

角田 俊治先生
股関節 長野県
  • 角田 俊治先生
  • 佐久市立国保浅間総合病院 整形外科部長・救急医療部長
  • 第220回 股関節の痛みまずは保存治療を十分に試し納得した上で手術に向き合おう

林田 実先生
膝関節 熊本県
  • 林田 実先生
  • 成尾整形外科病院 整形外科
  • 第219回 膝の痛みはさまざまです 痛みの原因を正確に知り適切な治療の選択を

佐野 嘉紀先生
膝・股関節 愛知県
  • 佐野 嘉紀先生
  • NTT西日本東海病院 整形外科
  • 第218回 いつまでも楽しく歩ける生活を! 痛みをがまんせずに、早めの受診を

伊志嶺 卓先生
股関節 埼玉県
  • 伊志嶺 卓先生
  • 医療法人財団 博仁会 共済病院
  • 第217回 痛みなく歩けるのは、人生の中で大切なこと。手術するしないにかかわらず、股関節専門医に相談を

野崎 正浩先生
膝関節 愛知県
  • 野崎 正浩先生
  • 名古屋市立大学病院 整形外科講師
  • 第216回 早め、早めの受診で年齢を重ねても歩ける膝を維持しましょう

裵 漢成先生
膝関節 愛知県
  • 裵 漢成先生
  • 豊川市民病院 整形外科医長
  • 第215回 なりたい自分と生活にあわせた膝の治療選択を

大歯 浩一先生
膝関節 徳島県
  • 大歯 浩一先生
  • 徳島県立三好病院 整形外科 部長
  • 第214回 自信をもって生活を送るために膝の痛みは専門医に相談を

木城 智先生
膝関節 神奈川県
  • 木城 智先生
  • 聖マリアンナ医科大学 整形外科学助教/聖マリアンナ医科大学病院 整形外科 医長
  • 第213回 間違ったケアでさらに膝を傷める前に、専門医に相談しましょう

川上 公誠先生
膝関節 北海道
  • 川上 公誠先生
  • 新川新道整形外科病院 院長
  • 第212回 膝痛の治療 今後の人生を考えた納得のいく治療選択を!

國府 幸洋先生
肘関節 千葉県
  • 國府 幸洋先生
  • 名戸ケ谷病院 副院長/整形外科部長
  • 第211回 肘や手指の痛み、腫れは、関節リウマチと上肢の治療に精通した手外科専門医に相談を

朝田 滋貴先生
膝関節 大阪府
  • 朝田 滋貴先生
  • 朝田整形外科 院長 近畿大学病院整形外科 非常勤講師
  • 第210回 10年先、20年先の自分の生活を考えたひざ痛の治療選択を!!

三好 信也先生
膝関節 岡山県
  • 三好 信也先生
  • 倉敷成人病センター 整形外科部長
  • 第209回 健康長寿の秘訣は自分の脚で歩くこと 膝の痛みは専門医に相談しましょう

山本 晋士先生
膝関節 千葉県
  • 山本 晋士先生
  • 松戸整形外科病院 人工関節センター長
  • 第208回 つらい膝の痛み 部分的な人工膝関節という治療法もあります

神川 康也先生
股関節 千葉県
  • 神川 康也先生
  • 松戸整形外科病院 関節外科センター長
  • 第207回 人工股関節手術もコンピューター技術を活用する時代 満足度の高い治療法を選択しましょう

坂越 大悟先生
股関節 富山県
  • 坂越 大悟先生
  • 厚生連高岡病院 人工関節センター長 整形外科診療部長待遇
  • 第206回 満足度の高い治療を受けるには、タイミングも大事

市川 哲也先生
膝関節 愛知県
  • 市川 哲也先生
  • 成田記念病院 整形外科 部長
  • 第205回 膝の痛みに対する治療メリット、デメリットを考え必要な治療を選択しましょう

原口 圭司先生
膝関節 大阪府
  • 原口 圭司先生
  • 社会医療法人 若弘会 若草第一病院 人工関節センター長
  • 第204回 人工膝関節置換術は健康な生活をより長く送るための選択肢のひとつです

富沢 一生先生
膝・股関節 栃木県
  • 富沢 一生先生
  • 獨協医科大学 整形外科学 講師 医局長、リウマチセンター 副センター長
  • 第203回 股関節や膝の痛みの原因は様々 専門医に早目に相談し自分の状態を正しく認識しましょう

ページの先頭へ