関節治療の専門医に聞いてみました!

第282回 ひざの痛みを我慢していませんか?
症状を正しく把握することで
治療の選択肢が広がります

ドクター
プロフィール
整形外科 医学博士
昭和58年 大阪市立大学医学部卒。元大阪市立大学医学部整形外科 助教授、元大阪労災病院 整形外科部長、日本整形外科学会専門医、日本人工関節学会評議員、日本関節病学会評議員、中部日本整形外科災害外科学会評議員、人工膝関節フォーラム幹事
エリア 大阪府タグ
この記事の印刷用PDF
格谷 義徳 先生

関節鏡手術と骨切り術について教えてください

骨切り術
関節鏡手術と骨切り術

関節鏡手術と骨切り術

軟骨が残っている初期の段階であれば、小さなカメラを関節内に入れて傷んだ軟骨を掃除することで痛みを取る、関節鏡手術が可能です。ただし、この手術は中高年の膝の痛みよりも、スポーツをする人の膝関節治療によく行われています。骨切り術は、脛骨の一部を切り体重のかかる位置を変えることで痛みを取り除く手術です。日本人は内側の軟骨がすり減るO脚の人が多いので、外側で体重を支えるように矯正し、内側の負担を減らします。骨がしっかりとくっつき日常生活に戻れるまでにはある程度長い時間がかかりますが、ご自身の関節を温存できるので、活動性の高い40代~50代の人が良い適応だといわれています。また、将来的に変形性膝関節症が進行してしまった場合でも、次の手段として人工膝関節置換術を受けることが可能です。

人工膝関節置換術とはどのような手術ですか?

人工膝関節全置換術と部分置換術

人工膝関節全置換術と部分置換術

人工膝関節置換術は、変形して傷んだ膝関節の骨の表面を取り除き、金属やポリエチレンなどでできた人工膝関節に置き換える手術です。傷んでいる部分(主に内側)だけを置き換える部分置換術と、表面全体を置き換える全置換術があります。ともに60代以上で変形が強い場合に適応となることが多く、痛みが軽減される確率が他の手術と比べて高い手術です。部分置換術は、「靭帯に異常がない」「片側だけが傷んでいる」などの適応条件はありますが、膝関節の安定に重要な役割を果たす靭帯をすべて温存できるため、ご自身の膝により近い自然な動きを獲得することができます。また全置換術と比べて傷口が小さく筋肉を切る量も少ないことから術後の回復も早いといわれています。一方、全置換術は除痛効果や耐久性にも優れ、長期にわたり治療成績が安定している手術です。それぞれ適応も異なりますので医師にご相談の上、治療を進められることをお勧めします。
なお頻度は低いものの手術にともない感染症や血栓症といった合併症のリスクが少なからずあるということを知っておいていただきたいと思います。各施設で対策が行われていますから不安なことは事前に確認するようにしましょう。

両膝同時に手術することは可能ですか?

両膝ともに痛く、レントゲン写真による変性の度合いも同程度であれば、両膝同時手術も可能です。両膝同時手術のメリットは、手術・入院・リハビリが一回で済むということです。手術時の出血量は多くなりますが、近年は術中のナビゲーションシステムの導入や術後の止血剤の使用で出血量が大きく減少しています。入院期間は片膝の場合と比べて1週間程度延びますが、片膝ずつ手術するより時間的にも費用的にも負担が軽いといえるかもしれません。ただし、手術時間や身体への侵襲(傷口や筋肉を切る量)は約2倍になりますので、それに耐えられる体力が必要です。以前は70歳以下が一般的でしたが、現在は高齢でもお元気な人が多いので、75歳くらいまでであれば全身状態を確認した上で両膝同時手術を行うこともあります。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ページの先頭へ