関節治療の専門医に聞いてみました!

第344回 膝の痛みは我慢せず専門医に相談を単顆置換術など選択肢が増えています

北川 泰啓 先生
ドクタープロフィール
帝京大学医学部卒業後、帝京大学医学部付属溝口病院、水野記念病院を経て現職に
専門:膝、外傷
専門医:日本整形外科学会認定専門医
末永 亮 先生
ドクタープロフィール
久留米大学医学部卒業
専門:膝
専門医・所属学会:日本整形外科学会認定専門医、日本人工関節学会
エリア 神奈川県 タグ
この記事の印刷用PDF


中高年の方に多い変形性膝関節症ですが、膝が痛いと思っても実は痛みの原因は別の場所の場合があります。専門医に相談することで痛みの原因が分かることで安心感にもつながるようです。湘南慶育病院 整形外科の北川 泰啓先生と末永 亮先生お二人に変形性膝関節症の原因や治療法について詳しく伺いました。

中高年に多い膝が痛くなる原因にはどのようなものがありますか?

変形性膝関節症と関節リウマチ

変形性膝関節症と関節リウマチ

北川 中高年に多い膝の痛みの原因として、変形性膝関節症、関節リウマチや骨壊死(こつえし)、靭帯損傷、半月板の損傷が考えられます。なかでも多いのが変形性膝関節症です。男性よりも女性に多く、長年膝を使うことで膝の軟骨がすり減り骨同士がぶつかることで痛みがでる疾患です。

末永 他にも高齢者に多く見受けられるのが、ピロリン酸カルシウムの結晶が関節内に沈着し痛みが出る偽痛風や、頻度は高くないですが抵抗力が落ちている時に膝の中に細菌が入ったり、他の感染性疾患が波及して起こる化膿性関節炎などがあります。

病院を受診するのはおっくうですが、受診するメリットはあるのでしょうか?

北川 膝が痛いと何で痛くなるんだろう? と不安になるのではないでしょうか。そのような場合、整形外科を受診し医師から詳しい説明が聞ければ、痛みの原因が分かるだけでなく安心感を得ることができると思います。また既に病院を受診されていても、あまり症状が変わらないようであれば、違う病院を受診し改めて先生からお話を聞いてみるということも一つの選択肢だと思います。

末永 痛みの原因が分かることは、治療を行う上でも大切です。痛みの原因になっている病気によっては、様子を見ることもできますが、場合によっては早く治療を行わないとその後の経過が悪くなることもあります。そのように痛みの原因を特定し、治療方法などのアドバイスをもらえることがメリットだと思います。

体重の増加は膝関節に影響しますか?

体重をコントロール

北川 痛みがあると運動することが難しくなり、その結果、体重の増加につながる場合があります。体重が増えると、膝に過度な負担がかかり、余計に痛みが出たり変形が進む原因にもなります。まずは痛みを抑えるために痛み止め薬などを処方し、痛みが治まってくれば、筋力トレーニングや体重コントロールをあわせて行い、膝に負担がかからないような日常生活習慣の見直しも行っていきましょう。

末永 大腿四頭筋などを鍛える筋力トレーニングは特に大切で、エアロバイクや水泳などがお勧めです。日常生活では、無理して階段を昇らないようにしたり、正座など膝に負担がかかる姿勢は避けましょう。体重をコントロールするために、食事にも注意しましょう。フルーツなら太らないと思われているかもしれませんが、食べ過ぎれば太ってしまうので注意が必要です。


記事の一覧へ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ページの先頭へ