関節治療の専門医に聞いてみました!

第367回 歳のせいと諦めないで!手術という選択肢は年齢に関わらずあります
専門医にご相談ください

ドクター
プロフィール
所属学会・専門医:日本整形外科学会 専門医、日本膝関節学会、日本人工関節学会、西日本整形災害外科学会
専門領域:整形外科、関節外科、外傷、膝関節・股関節疾患、人工関節手術及び関節鏡手術
エリア 福岡県タグ
この記事の印刷用PDF
伊藤 純 先生

 
膝の痛みは、年齢を重ねてくると多くの方が感じています。しかし、痛みがあっても、もう歳だから手術ができない、と思われている方が多くおられるようです。「手術という選択肢は、年齢に関わらずあります」と話す、筑後川温泉病院 伊藤純先生に変形性膝関節症の治療法や手術法、手術後に取り組む可動域訓練の大切さについてうかがいました。
 

高齢者に多い変形性膝関節症の原因や症状について教えてください

膝の痛み

高齢者の膝の痛みで最も多い変形性膝関節症は、原因が特定されない一次性と、原因が特定される二次性に分けられます。日本人の場合は、それまでの日常生活の積み重ねや加齢性変化など圧倒的に一次性の方が多いです。
初期の症状は、動き始めや歩き始めといった動作開始時に痛みを感じることが多いです。また、進行してくると、階段の昇り降りや長く歩いた時に痛みが生じ、さらに、じっとしていても痛みが出るなど、痛みを感じる時間がより長くなっていきます。

変形性膝関節症の治療にはどのようなものがありますか?

ヒアルロン酸注射

ヒアルロン酸注射

足底板

足底板

現在は、様々な種類の消炎鎮痛剤がありますので、それらを効果的に使用するとともに、湿布などの外用剤を用い、できるだけ痛みを抑えるようにします。また、膝の動きを滑らかにし、痛みを軽減させるために、ヒアルロン酸を膝関節内に注射する場合もあります。
このような薬物療法以外に、膝関節を安定させるために、膝周囲の筋肉をつけるトレーニングも行います。ご自宅であれば、イスに座って膝を伸ばした状態で脚をまっすぐ挙げ、その状態を維持して、太ももの筋肉(大腿四頭筋)を収縮させる運動が簡単で効果的です。そのほかの治療として、膝の内側に荷重がかかっている方が多いので、足底板(そくていばん)という医療用の靴の中敷きを使用し、荷重がかかる部分を外側にずらして痛みを軽減させることもあります。このような保存療法を行うことで、変形が初期の方であれば、痛みが和らぐ方もおられます。

高齢になっても手術は受けられるのでしょうか?

膝の曲げ伸ばし

受診された際に、始めから手術を受けることを諦めているご高齢の方もおられます。しかし、ご高齢であっても手術を受けることができますよ、と言うとビックリされることがあります。手術は、年齢に関係なく、麻酔に耐えられれば何歳でも手術を受けることができます。
ただし、やみくもに手術を引き延ばすことが、良くない場合があります。痛みがあると、活動量が減り、結果的に心肺機能が弱まり麻酔に耐えられない状態になると、手術を希望しても受けられない場合があります。また、手術後に膝の曲げ伸ばしがしっかりできるかは、手術前の状態に影響されます。あまりにも膝を曲げられない状態になってから手術を受けると、期待通りに膝の曲げ伸ばしができないことがあります。手術は、受けたくないものだと思いますが、今後のご自身の状態によっては、タイミングが重要になる場合があるかもしれません。


記事の一覧へ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ページの先頭へ