メニュー

専門医インタビュー

股関節や膝の痛みを歳のせいと諦めないで 治療方法は様々あります ご自身が納得いく治療選択を

梅津 太郎 先生

栃木県

プロフィールを見る

日本整形外科学会整形外科専門医

関連するキーワードから探す

この記事の目次

高齢者に多い、股関節や膝の痛み。現在は治療法が進歩しており、様々な治療が選択できるようになっているようです。しかし、病院に行くと手術を勧められるのではと痛みを我慢し、歳のせいだからと治療を諦めている方が多いようです。済生会宇都宮病院 整形外科・人工関節センターの梅津太郎先生に、股関節や膝の痛みの原因やその方にあわせた治療法についてうかがいました。

高齢者に多い股関節や膝が痛くなる原因にはどのようなものがありますか?

臼蓋形成不全

臼蓋形成不全

特に多いのは変形性股関節症や膝関節症です。
変形性股関節症は、股関節を構成する骨盤側の骨(寛骨臼)の成長が太ももの骨の先端(大腿骨頭(だいたいこっとう))の成長に追いついていない寛骨臼形成不全(かんこつきゅうけいせいふぜん)がほとんどの原因です。ステロイドの多量使⽤やアルコールを多く取ることが原因と言われる大腿骨頭壊死(えし)があります。また変形性膝関節症の場合、過去に半月板を傷つけたことがある外傷による場合や、これまでの生活習慣や肥満、運動不足による筋力低下などが原因と考えられますが、原因が不明なことも少なくありません。また、最近注目されているのが股関節や膝の脆弱(ぜいじゃく)性骨折です。
骨粗しょう症がベースにあり、日常生活レベルでの何気ない動作で軟骨の下の骨が骨折してしまうのです。
股関節が痛いと訴えられても、必ずしも痛みの原因が股関節とは限らず、腰や膝が本当の痛みの原因の場合があります。膝の痛みも原因は別部位にあることもあります。まずは痛みを訴えられている場所だけではなく、腰から下のレントゲン撮影やさまざまな検査を行い、本当の痛みの原因はどこなのかを特定する必要があります。

変形性股・膝関節症と診断された場合、どのような治療を行うのですか?

膝へのヒアルロン酸注射

膝へのヒアルロン酸注射

股関節の場合、まずは痛みを抑えるために消炎鎮痛剤を使用し、筋力トレーニングなどのリハビリを行います。また、局所麻酔薬やステロイド剤など抗炎症作用のある薬剤をいくつか混ぜたものを股関節に注射する場合もあります。この治療は特に歩き始めに股関節の痛みを訴える方には効果的だと思います。また、膝の場合も同様に痛み止めなどの使用やヒアルロン酸を膝関節内に注射する場合があります。しかし、レントゲン画像上の骨の変形度合いと患者さんの痛みは必ずしも一致しません。そのため様々な治療法の中からその方に適した治療法を考えていく必要があります。

手術を考えたほうが良いタイミングはあるのですか?

関節の痛みのせいで、自分の生活を制限する頻度が増えてきた

関節の痛みのせいで、自分の生活を制限する頻度が増えてきたと思われるようでしたら、まずは専門医に相談していただきたいです。
しかし病院に行くと手術を勧められるのではと思われ受診を控えている方や、もう歳だからと治療を諦めている方が多くいらっしゃいます。
病院を受診した際に、その方の状態によっては手術を提案されることがあるかもしれません。しかし手術を受けるかどうかは医師が決めるのではなく、患者さんご自身が決めるものなのです。また治療を受けるのに年齢は関係なく、全身状態に問題なければ手術を受けることもできます。
股関節や膝に痛みや違和感があれば、専門医を受診ください。ご自身がどのような状態になっているかを確認でき、どのような治療がご自身にとって良いのかというアドバイスをもらうことができます。できるだけご自身と相性の良い医師を見つけ、納得いく治療を選択していただきたいです。


この記事の医師がいる
病院の詳細はこちら

ページの先頭へもどる

PageTop