関節治療の専門医に聞いてみました!

第170回 人工膝関節置換術で真っすぐな膝、豊かな人生をめざしましょう!!

ドクター
プロフィール
専門分野: 整形外科一般、膝・足関節などの関節外科・スポーツ医学
資格:日本整形外科学会 専門医、身体障害者福祉法 指定医、日本整形外科学会認定 脊椎脊髄病医/運動器リハビリテーション医/リウマチ医/スポーツ医/研修指導者、日本体育協会公認 スポーツドクター/ アメリカンフットボール指導員、日本医師会認定 健康スポーツ医、日本整形外科学会認定 スポーツ医、介護支援専門員(ケアマネージャー)関東学生アメリカンフットボール連盟メディカル委員、難病指定医
エリア 東京都タグ
この記事の印刷用PDF
齋藤 良彦 先生

部分置換術と全置換術はどのように選択しますか?

単顆置換術(左)と全置換術(右)

単顆置換術(左)と全置換術(右)

中高年になると、普通の生活をしていても、じん帯や半月板が傷み軟骨がすり減ってくることが多くなります。しかし、傷んでいるのが膝の一部分だけで、しかもじん帯などはまだちゃんとしている、このくらいの初期の段階なら、傷んだ内側の部分だけを人工のものに置き換える単顆型人工膝関節置換術と言う方法があります。自分の組織がより多く温存できるので、手術後はより自然な動きができるのが特徴です。

全人工膝関節置換術のレントゲン

全人工膝関節置換術の
レントゲン

その他に傷んだ関節面をきれいに削り取って、太腿の骨とすねの骨に金属を差し込み、膝の表面全てを人工関節に置き換えるのが、全人工膝関節置換術です。この方法でも、前側のじん帯だけを切る場合と両方とも切る場合があります。
最近は、人工膝関節全置換術の中にも、前と後の両方の十字じん帯を温存する新しい手術方法も出てきました。じん帯を温存していますから、より自然な動きが再現できると期待されています。
残念ながら今の人工膝関節は、走ったり激しい運動をすることを目的としては作られていません。しかしひと口に人工膝関節といっても、このように、患者さんの膝関節の状態に応じて、さまざまなものがあるので、患者さんに合わせた適切なやり方を選択するようにしています。

手術でこだわっていることはありますか?

手術の方法だけでなく、患者さんの膝の形や大きさ、曲げることのできる角度などに合わせて、人工膝関節の機種を選択します。手術前にあらかじめ患者さんの関節のCT画像を撮影し、そこから3D画像を作成し立体的に確認。どういう角度からどの位置に設置するかなどの綿密な術前計画にも力を入れています。
手術の時間は1時間半程度。MIS(最小侵襲手術)という方法で行っているので傷口は小さく、さらに筋肉はできるだけ切らない低侵襲のやり方で行っています。
しかし、皮膚切開が短いということばかり気にしていると、視野が狭くて奥が見えにくいこともあります。正しい位置に挿入して、安定した設置ができるようにしっかりとした手技を行うためにも、あまり小さい傷にこだわるだけでなく、患者さんにとってふさわしいやり方で手術をします。
それ以外に私たちがこだわり心がけているのが、形成外科の医師と協力して傷口をできるだけきれいに縫合することです。傷跡が目立たないようにするために、縫い目は0.5ミリ単位、時間も手間も惜しみません。半年から1年経てば、傷跡はすっかり消えてしまいます。人工膝関節も、そのくらい経つと馴染んできて、自分のものになるでしょう。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ページの先頭へ