関節治療の専門医に聞いてみました!

第251回 膝の治療、症状や生活環境にあわせ
早目に専門医に
相談しましょう!!

ドクター
プロフィール
福岡大学医学部卒
所属学会:日本整形外科学会、日本脊椎脊髄病学会、西日本整形災害外科学会、日本運動器リハビリテーション学会
資格:日本整形外科学会専門医、日本脊椎脊髄病学会認定脊椎脊髄外科指導医、日本整形外科学会認定脊椎内視鏡下手術・技術認定医、日本整形外科学会脊椎脊髄病医、日本整形外科学会スポーツ医、日本整形外科学会運動器リハビリテーション医、日本骨粗鬆症学会認定医
エリア 鹿児島県タグ
この記事の印刷用PDF
楊 昌樹 先生

多くの中高年が抱える悩みである「膝の痛み」。
膝など関節の不具合は、放っておくと日常生活に支障をきたすばかりか、将来的には寝たきりの要因となることもある「関節疾患」へと悪化する可能性も否定できません。
「まずは膝がなぜ痛いかをしっかり診断しましょう。自己流で治そうとせず、膝の状態や痛い原因をしっかり検査した上で、予防法やトレーニングを試みることが大切です」と話すわきだ整形外科の楊昌樹先生に、膝痛の主な原因や新しい治療法についてお伺いしました。

膝の痛みの主な原因はなんですか?

傷んだ膝関節のMRI

傷んだ膝関節のMRI

日常生活に支障をきたすほど膝が痛む場合に考えられるのは、主に膝の靭帯損傷、半月板損傷、変形性膝関節症の3つです。
膝の靭帯損傷や半月板損傷は、スポーツや横座りや立ち上がりで膝をひねるなど、日常生活で膝に大きな力が加わることによる外傷が原因となり生じることが多い病態です。ただし、軽い半月損傷はしばらくすると痛みが出なくなることもあります。
変形性膝関節症は加齢による膝軟骨の老化が原因の場合に多くみられます。膝関節のクッションの役割をする軟骨がすり減るせいで上下の骨がぶつかり合い、変形し、痛みの原因となるのです。
すでに痛みが発生している場合は、まず痛みが出るような動作は避けましょう。捻るような動作は特に避け、正座、横座りは良くありません。
また膝の痛みの原因となる靭帯や半月版、初期の骨壊死などの疾患はレントゲンだけでは確認できないこともあります。少しの痛みや違和感が続くときは安易に自己判断をせず、整形外科でレントゲンやMRI検査を受け、ご自身の状態を確認しましょう。

変形性膝関節症について詳しく教えてください。

半月板損傷

年齢を重ねると軟骨がすり減っていくというのは、多くの方が認識していることだと思います。変形性膝関節症は、軟骨がすり減ってしまうことが多くの原因ですが、実は半月板損傷を契機に進行してしまうことが多く、また膝の靭帯損傷後に関節の安定性が失われたために、軟骨が壊れて発症する事があります。
日本整形外科学会によると、50歳以上のうち約1,000万人もの人が、変形性膝関節症による膝痛を経験しているとされています。一般的に女性に多くみられるイメージがあるかもしれませんが、男性でも長年膝を酷使する生活をしていたり、整形外科の受診機会がなく膝の痛みを放置したりして発症するケースは少なくありません。自覚症状としては、膝の痛みで歩き出しや立ち座りに不自由を感じる、つらくて正座ができない、長い距離を歩けないなどがあります。

変形性膝関節症にはどのような治療を行うのですか?

APS療法のイメージ

APS療法のイメージ

治療法は痛みや症状によっていくつか考えられますが、大きく分けて3段階の治療があげられます。
まず、初期で症状が軽く半月板の損傷が少ない場合は、内服薬と外用薬で痛みと炎症を抑える治療を行います。また、膝関節部にヒアルロン酸を注射することで膝軟骨を保護して痛みを緩和させる治療も効果的です。これに加え関節の動きが悪い場合は、可動域訓練と共に筋力訓練などのリハビリを行う事もあります。
次に、症状が強く出ていて、半月板の損傷がある場合は、関節鏡での治療を考慮します。半月板が残っていれば、関節鏡での半月板縫合術や、部分切除術が有効な場合があります。さらには、本来の位置からずれ、機能が低下した半月板に対しては、もとの位置に整復して固定する、関節鏡での『セントラリゼーション』という新しい治療も始まっています。また、自由診療の治療になりますが、再生医療のひとつである『APS(自己タンパク質溶液:Autologous Protein Solution)療法』が有効な場合があります。
さらに症状が強く出ていて、半月板の消失が認められる場合は『人工膝関節置換術』が推奨されます。しかし、変形が強くてもさほど痛みを伴わないケースもあるため、必ずしも手術をしなければならないとは限りません。症状が強く出ていない場合は無理に手術をせず、薬や注射などによる保存的治療を選択できることも覚えておいてください。


記事の一覧へ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ページの先頭へ