関節治療の専門医に聞いてみました!

第372回 変形性膝関節症の治療選択肢が増えています膝の痛みは悩まずに専門医にご相談ください

ドクター
プロフィール
専門:膝関節疾患、整形外科一般
専門医・認定医:日本整形外科学会専門医、日本整形外科学会認定リウマチ医
エリア 神奈川県タグ
この記事の印刷用PDF
高松 智昭 先生

 
変形性膝関節症の治療法が進歩し、保存療法や手術など様々な治療法があるようです。代表的な手術には人工膝関節置換術がありますが、患者さんの状態に合わせた色々なタイプの人工関節があり、術後の満足度が向上しているようです。厚木市立病院 高松智昭先生に、変形性膝関節症の治療法や骨粗しょう症治療の重要性についてうかがいました。
 

膝が痛くなる原因や、 特発性大腿骨内顆骨壊死とは、どのような疾病なのでしょうか?

特発性大腿骨内顆骨壊死

特発性大腿骨内顆骨壊死

膝が痛む原因は様々考えられますが、中高年の方であれば、一般的には膝の内側が傷む変形性膝関節症が代表的です。また、早ければ30代くらいから発症する関節リウマチの可能性もあります。以前は関節リウマチを発症すると、関節の変形が極端に進行することがありました。近年では生物学的製剤が使用できるようになり、関節リウマチをコントロールしやすくなり、関節が破壊されることがかなり抑えられています。
そのほかには、特発性大腿骨内顆骨壊死(とくはつせいだいたいこつないかこつえし)が、原因の場合もあります。特発性とは、原因が特定できないという意味なのですが、小さな骨折をきっかけに壊死が起こると言われています。レントゲン検査だけでは分からいことがあるので、診断が特定できないことがあります。膝に痛みがあり、膝の水を抜いても短期間で水がたまるという場合は、骨壊死が疑われます。そのような場合は、MRI検査を追加し、原因を特定します。

変形性膝関節症と診断されたら、どのような治療を行うのでしょうか?

イスに座ったままトレーニング

痛み止めの薬の使用や、太ももの筋肉を鍛える訓練、膝の曲げ伸ばしのトレーニングを行います。太ももを鍛える訓練は、特別なことをする必要はありません。イスに座ったまま両脚を伸ばし足首を反らした状態で、片方の脚を挙げ、その脚のかかとをもう片方の脚のつま先の上に繰り返し持ってくることを、テレビを見ながらで良いので、1日80回を3セット行うことがお勧めです。また、かかとから脚を着き親指に体重をかける歩き方をすることで、膝の内側の変形が進行しないように予防します。このような治療を行っても、痛みが軽減しないようであれば、ヒアルロン酸を関節内に注射する場合があります。

人工膝関節置換術とはどのような手術なのでしょうか?

人工関節置換術と聞くと、どの程度ご自身の膝が人工関節になるかご存知ない方や、骨を大きくたくさん切らないといけないと思っている方もおられます。人工膝関節置換術は、傷んだ軟骨や骨を取り除き、骨の表面に金属やポリエチレンでできた人工関節に置き換える手術で、国内では10万例ほど行われています。病院によっては、医師からの説明だけでなく、人工関節に関する冊子が渡されることがあります。そのようなものも利用し、十分に知識を得て、しっかり納得してから手術を受けたほうが良いです。
また、人工関節の手術は、命にかかわる手術ではないので、急いで手術をする必要はありません。手術後、人工関節に細菌が付着する感染症のリスクがあります。糖尿病の方や肥満の方は、感染症のリスクが高まるので、血糖値をコントロールし、体重を減らしてから手術を受けていただきます。感染症は、手術後しばらくたってからでも生じる場合があるので、手術前だけでなく、手術後も予防に努めてください。

人工膝関節置換術の流れ

人工膝関節置換術の流れ


記事の一覧へ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ページの先頭へ