関節治療の専門医に聞いてみました!

第70回 治療を受けても改善しない腰や太ももの痛み
まずは一度、股関節の専門医を訪ねましょう!

ドクター
プロフィール
日本整形外科学会認定整形外科専門医、日本リウマチ学会認定リウマチ専門医、
日本体育協会認定スポーツ医
エリア 熊本県タグ

股関節が原因で起こる痛みは、腰や太もも、脚の付け根などの痛みとして訴えられるケースが多く、肝心の股関節の治療に結びつかないまま症状が進行してしまうことも少なくありません。「長い間通院して治療を受けているのに、いつまで経っても改善しない腰や太ももの痛み・しびれに悩まされている人は、股関節に問題があるのかもしれません。一度、股関節の専門医を訪ねてみましょう」とアドバイスするのは熊本市民病院の渡邉弘之先生。変形性股関節症の原因や痛みの症状、主な手術療法である寛骨臼回転骨切り術と人工股関節置換術、リハビリや定期検診の重要性などについてお話を伺いました。

腰や太もも、脚の付け根などに痛みを感じる主な原因は何ですか?

正常な股関節(左)と臼蓋形成不全(右)

原因として一番多いのは「変形性股関節症」ですね。これは、股関節の軟骨が摩耗することで徐々に股関節が変形していく病気です。変形が進行するにつれて痛みが強くなり、脚の動かせる範囲が狭くなったり両脚の長さに差が出てきたりします。その結果、歩行が阻害されるなど日常生活に支障をきたすことになります。欧米人の場合は身体が大きく体重が重いことで股関節に過度の負荷が加わり、それが原因で股関節が変形していくケースが多いのですが、日本人の女性の場合は「臼蓋」と呼ばれる股関節の屋根に当たる部分が小さすぎて大腿骨頭の被りが浅い「臼蓋形成不全」の人が多く、それが変形性股関節症を発症する大きな要因となっています。若くして発症することもありますが、多くは軽度の臼蓋形成不全があるものの若いうちは発症せず、加齢に伴って徐々に悪化していくということが多いようです。高齢者の場合は、骨粗鬆症やそれに伴う脆弱性骨折などが股関節の変形の原因になることもあります。

若くして発症しているのに発見が遅れることもあるのですか?

若い人でも長距離を歩いた後に痛みや違和感、脚が抜けるような感じを覚えて受診した結果、軽度の臼蓋形成不全と診断がつくこともありますが、この段階では短時間で症状が回復することが多いため、なかなか受診に結びついていないのが現状です。「少しくらい痛くても、大したことないだろう」と放置しているうちに症状が進行し、受診した時にはかなり悪化している人も少なくありません。症状が進行してくると治療法の選択肢も少なくなってきますので、やはり早期の段階での受診が重要です。変形性股関節症の要因の一つとして家族性があるのは確かですから、ご家族に股関節の悪い人がいる場合は早めに医療機関でチェックしてもらうといいかもしれませんね。

変形性股関節症の場合、具体的にはどのような痛みが出るのでしょうか?

変形性股関節症のX線

「股関節が痛い」、「股関節が動きにくい」といった訴えであれば、最初から股関節の疾患が疑われるのですが、変形性股関節症による痛みをお尻の痛みや大腿の痛み、脚の痺れなどとして訴える人もいます。また、股関節が悪いために左右の脚の長さに差ができ体重のかかり方が不均衡になることで腰椎や膝関節の変形が進み、腰痛や膝痛が股関節痛より強く出る場合もあります。そのために変形性股関節症の診断が遅れてなかなか根本的な治療に結びつかず、その間に症状が進行してしまうケースも少なくありません。長い間腰痛や膝痛、大腿痛や脚の痺れなどに悩んでいる人で通院していくら治療を受けても症状が改善しない場合は、股関節に問題があるのかもしません。確かに、腰が原因の症状と股関節が原因の症状には似たところがありますが、股関節の専門医であればそれを十分に理解した上で診察するので、見逃すことはほぼないと思います。いつまで経っても症状に改善が見られない場合は、一度専門医を受診してみてはいかがでしょうか。


記事の一覧へ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ページの先頭へ