関節治療の専門医に聞いてみました!

関節の痛みや変形、リウマチに悩んでいる方へ。

症状の進行や対処法、具体的な治療法など、人工関節治療の専門医からのアドバイスを掲載します。

「保存療法」の検索結果
鈴木誠也先生
膝関節愛知県
  • 金子 敦史先生
  • 独立行政法人 国立病院機構 名古屋医療センター 整形外科医長
  • 第83回 我慢は決して身体にいいことではありません

鈴木誠也先生
股関節北海道
  • 五十嵐 達弥先生
  • 医療法人社団 我汝会さっぽろ病院 整形外科
  • 第82回 圧倒的に女性に発症しやすい変形性股関節症

鈴木誠也先生
膝関節京都府
  • 菅 知行先生
  • 愛生会山科病院 理事長・院長
  • 第81回 手術をするかしないかは患者さんの決断次第

鈴木誠也先生
膝関節富山県
  • 金粕 浩一先生
  • 社会福祉法人恩賜財団 済生会高岡病院 副院長・整形外科部長・リウマチ科部長
  • 第79回 自分の脚で歩いて人生をもっと楽しもう!3次元立体モデルによる、より安全で確実な人工膝関節置換術

鈴木誠也先生
膝関節長崎県
  • 北原 博之先生
  • 佐世保中央病院 整形外科部長
  • 第78回 膝の痛みで思うような生活ができなくなったら担当医師としっかり話し合い、信頼できる施設で手術を検討!

鈴木誠也先生
膝関節神奈川県
  • 吉井 祥二先生
  • 関東労災病院 整形外科部長
  • 第77回 変形性膝関節症の治療は段階的に症状が改善しなければ次の手段を考えよう!

鈴木誠也先生
股関節神奈川県
  • 兵頭 晃先生
  • 関東労災病院 整形外科部長
  • 第76回 痛くない側の脚で10秒間立つことができますか? 筋力が弱る前に股関節の専門医に相談を

鈴木誠也先生
膝関節北海道
  • 西池 淳先生
  • 医療法人社団 三慈会 釧路三慈会病院 院長
  • 第75回 仕事が繁忙期を迎える前に膝の痛みを解消して快適な日常を取り戻そう!

鈴木誠也先生
膝関節神奈川県
  • 原 淳先生
  • 川崎幸病院 副院長
  • 第74回 人工膝関節置換術は、筋力が落ちる前に受けるのが理想です

鈴木誠也先生
股関節神奈川県
  • 別府 諸兄先生
  • 公益財団法人日本股関節研究振興財団 理事長
  • 第73回 いつまでも元気に歩くために

鈴木誠也先生
膝関節愛知県
  • 早川 和恵先生
  • 藤田保健衛生大学病院 整形外科准教授
  • 第71回 ~持病があっても諦めないで!対応できる施設があるかもしれません~膝の痛みの原因と人工膝関節置換術

鈴木誠也先生
股関節熊本県
  • 渡邉 弘之 先生
  • 熊本市民病院 整形外科医長
  • 第70回 治療を受けても改善しない腰や太ももの痛み まずは一度、股関節の専門医を訪ねましょう!

鈴木誠也先生
股関節大阪府
  • 原口 圭司先生
  • 独立行政法人 地域医療機能推進機構 星ケ丘医療センター 整形外科 部長
  • 第68回 変形性股関節症は手術で治せる疾患です 10年・20年先の人生を考えて治療に向き合おう!

鈴木誠也先生
膝関節神奈川県
  • 山下 博樹先生
  • 座間総合病院 人工関節・リウマチセンター 人工関節担当医長
  • 第66回 膝が痛んだら、まずは体重管理と運動習慣 症状が進んだらタイミングを逃さず人工膝関節置換術を

鈴木誠也先生
膝関節神奈川県
  • 奥茂 宏行先生
  • 座間総合病院 人工関節・リウマチセンター リハビリテーション科部長
  • 第66回 膝が痛んだら、まずは体重管理と運動習慣 症状が進んだらタイミングを逃さず人工膝関節置換術を

鈴木誠也先生
膝関節神奈川県
  • 巽 一郎先生
  • 特定医療法人 沖縄徳洲会 湘南鎌倉総合病院 人工膝関節センター長
  • 第62回 膝の痛みは諦めずに、まずは本気で保存療法を!最後の手段はMIS人工膝関節置換術

鈴木誠也先生
膝関節大分県
  • 内田 研先生
  • 医療法人博慈会 内田病院 副院長
  • 第61回 歩けるようになることで、その後の人生は激変します。

鈴木誠也先生
膝関節北海道
  • 大越 康充先生
  • 医療法人悠康会 函館整形外科クリニック 院長
  • 第54回 ~より良く、より早い社会復帰のために~膝の痛みは我慢せずに、まずは診察を

鈴木誠也先生
膝関節大阪府
  • 植田 康夫先生
  • 医療法人恵生会 恵生会病院 整形外科
  • 第46回 自分の脚で歩き、健康寿命を延ばすためには、人工膝関節置換術はとても有効な治療法です。

鈴木誠也先生
膝関節福井県
  • 津向 伸哉先生
  • 越前町国民健康保険 織田病院 院長
  • 第44回 最期まで、元気に自分の脚で動けるように。それを助けるのが人工関節です。

ページの先頭へ