治療費シミュレーション

気になる治療費をやさしくシミュレーション

いざ手術を考えたとき、手術後の生活や仕事のことはもちろん、医療費のことも気になりませんか? 人工関節置換術は保険の適用される手術ですが、自己負担金額が高額となるため、さらに高額療養費制度の助成対象になり、 自己負担限度額を超えた金額については還付を受けることができます。 治療費シミュレーションで、高額療養費の還付金額と実際に負担する金額を計算してみましょう。*

*高額療養費制度で助成される医療費は保険適応のものが対象であり、保険外併用療養費や、 入院時の食事療養費(食事代)、 そのほかの生活療養費(室温、照明、給水などの費用)の負担額は対象とはなりません。
これらの費用は治療費合計に合算していません。

(ご注意)
加入している保険によっては、補助金が出る等、実際の負担額に違いが出てくるケースがありますので、実際の自己負担金については、 かならず保険者にご確認ください。

1か月の自己負担額の合計金額を入力してください

 円

注意文

あなたの年齢は?

 70歳未満  70歳以上

所得区分は次のどれですか?

 低所得者(住民税非課税の方)  ~年収約370万円
 年収約370万円~約770万円
 年収約770万円~約1,160万円
 年収約1,160万円以上
 低所得者(※a)  低所得者(※b)
 年収156万円~約370万円
 年収約370万円~約770万円
 年収約770万円~約1,160万円
 年収約1,160万円以上

高額治療養費として還付される金額は、
1,000,000円になります。
したがって、あなたの自己負担限度額は、
1,000,000 円になります。

高額療養費制度の助成により、あなたが医療費を支払った3ヵ月後に払い戻される金額です。
高額医療費と、実際に負担する金額の自己負担限度額が提示されます。

所得区分の説明

所得区分の名称内  容
低所得者(住民税非課税の方) 35,400円
~年収約370万円 57,600円
年収約370万円~約770万円 80,100円+(10割分の医療費-267,000円)×1%
年収約770万円~約1,160万円 167,400円+(10割分の医療費-558,000円)×1%
年収約1,160万円以上 252,600円+(10割分の医療費-842,000円)×1%
低所得者(住民税非課税の方) (a)年金収入のみの方の場合、年金受給総額80万円以下など、総所得金額がゼロの方
(b)上記以外の方
年収156万円~約370万円 低所得者と現役並み所得者以外
年収約370万円~約770万円 80,100円+(10割分の医療費-267,000円)×1%
年収約770万円~約1,160万円 167,400円+(10割分の医療費-558,000円)×1%
年収約1,160万円以上 252,600円+(10割分の医療費-842,000円)×1%

閉じる

※このページは、スマートフォンでは動作いたしません。

ページの先頭へ