人工肘関節について

人工肘関節置換術とは

人工肘関節置換術とは、変形性肘関節症や関節リウマチによって変形した肘関節の表面を取り除いて、人工関節に置き換える手術です。人工肘関節は、関節の滑らかな動きを再現できるように、上腕骨部・尺骨部の2 つの部分からできています。上腕骨部と尺骨部の本体は金属製ですが、蝶つがい部分の素材は耐久性に優れた硬いポリエチレンでできていて、これが軟骨の代わりになります。また、変形性肘関節症に伴って生じた変形も、手術の際に矯正することができます。

人工肘関節置換術の流れ

使用する人工関節は障害の程度によって異なります。障害の程度が比較的軽い場合は、骨の表面だけを削って置き換えますが、肘関節の破壊が進み、障害が著しい場合には、すり減った骨を補なうために複雑な肘関節部品が必要になります。  

ページの先頭へ