人工股関節について

合併症について

人工股関節置換術を行った際に、まれに別の病気が起きることがあります。これを合併症といいます。 代表的な合併症には、以下のようなものがあります。気になる症状が現れた場合には、すぐに医師に相談してください。

脱臼

人工股関節は正常な人の股関節よりかみ合わせが浅いため、ある一定の角度以上曲げたりすると脱臼することがあります。特に、術後の数カ月は、まだ股関節が馴染んでいないため、起こりやすくなります。 決して無理な態勢を取らないよう、注意してください。

感染

手術の際に、患部に細菌が入り、感染を起こすことがあります。
現在、手術には必ずつきまとうリスクで、完全にゼロにすることはできません。感染が起きると、一般的に、患部の腫れ、痛み、発熱といった症状が伴います。

血栓症・塞栓症

手術中または手術後、血流が悪くなることで血管内に血の塊ができることがあります。これを血栓症といいます。この血栓が剥がれ、肺や他の臓器に流れていって詰まってしまうことが塞栓症です。飛行機内で起きる同様の病態が「エコノミークラス症候群」です。
血栓症や塞栓症が起きた場合の症状としては、太もも、ふくらはぎ、膝裏、足首の腫れ、または痛みがあげられます。

人工関節のゆるみ、破損

術後の身体活動によって、人工関節がすり減り、ゆるみがでることがあります。 過大な衝撃が加わった場合には、破損にいたることもあります。
また人工関節のすり減りによって発生した細かい粉は、それを排除しようとする体のはたらきによって周りの骨を溶かしてしまうことがあります。 この場合もゆるみにつながります。

ページの先頭へ