人工膝関節について

人工膝関節置換術とは

人工膝関節置換術とは、変形性膝関節症や関節リウマチによって変形した膝関節の表面を取り除いて、 人工膝関節に置き換える手術です。
人工関節は、関節の滑らかな動きを再現できるように、大腿骨部(だいたいこつぶ)脛骨部(けいこつぶ) 膝蓋骨部(しつがいこつぶ) の3つの部分からできています。大腿骨部と脛骨部の本体は金属製ですが、脛骨部の上面と膝蓋骨の表面は耐久性に優れた硬いプラスチックでできていて、 これが軟骨の代わりになります。

使用する人工関節は障害の程度によって異なります。障害の程度が比較的軽い場合は骨の表面だけを削って置き換えますが、 膝関節の破壊が進み、障害が著しい場合には、すり減った骨を補充するために複雑な膝関節部品が必要になります。

人工膝関節置換術の流れ

最小侵襲(しんしゅう)人工関節置換術

治療部位の切開(侵襲)の程度をなるべく小さくし、患者さんの体にかかる負担を少しでも軽くしようという手術手法を、 最小侵襲あるいは低侵襲といいます。 人工関節置換術における最小侵襲では、皮膚を切開する長さを従来よりも小さくする、 筋肉を切らずに温存するといった方法で、患者さんにやさしい手術の実現を図っています。

(注記)
最小侵襲は、患者さんの容態や症状等によっては行えないこともあります。 また、最小侵襲による効果は必ずしも確約されているものではなく、期待できるという範囲に留まっているものであることを ご理解ください。最小侵襲人工膝関節置換術を希望される場合には、適応や効果について、担当の医師と十分にお話されることを お勧めいたします。

人工膝関節片側置換術

人工関節置換術には、お皿の骨の部分など膝関節の一部を人工関節に置き換える片側置換手術という手術法もあります。

膝関節全体を人工関節に置き換える全置換術に対し、片側置換術は、膝関節の傷んでいる側だけを人工関節に置き換えるもので 、関節の片側の軟骨のみがすり減っていて反対側のすり減りが少ない場合など、傷みの進行が比較的初期の方が対象になります。 片側置換術では通常の人工関節に比べ約半分の大きさの人工関節を用いるため、一般的に皮膚の切開や骨の切除量が少なくなります

人工膝関節片側置換術 適用のめやす

  1. 膝をしっかりのばすことができる
  2. O脚やX脚の程度が軽い
  3. 膝の内側もしくは外側のみが痛い
  4. 関節リウマチではない
  5. 高度の肥満ではない
  6. 膝の靭帯には異常がない

(注記)
片側置換術は、患者さんの容態や症状によっては行えない場合があります。 人工膝関節片側置換術を希望される場合には、適応や効果、リスクについて、担当の医師と十分に話しあってください。

ページの先頭へ