肩関節の痛み

原因となる病気

肩関節の病気は、外傷によるもの、炎症によるもの、腫瘍によるものなど様々です。激しい痛みを生じさせる慢性的な病気には次のようなものがあります。

広範囲腱板断裂性関節症

上腕骨の骨頭が脱臼しないように覆っている組織を腱板と呼びます。その腱板が広範囲に切れてしまうと動きが悪くなりますが、さらに軟骨部分が変形しているような場合は動きだけでなく痛みも伴い、寝ていても痛みが続きます。

変形性肩関節症(OA)

肩関節は、毎日様々な動きをしているため、長年に渡って使っていると、軟骨が徐々に擦り減ってきます。仕事やスポーツなど肩の使い過ぎで、加齢に伴い軟骨も十分に再生されなくなると、更に軟骨の下の骨も擦り減ってきます。そして関節の表面がデコボコになり、滑らかな動きが障害されて、生じた炎症から痛みを出すのが変形性肩関節症です。

関節リウマチ(RA)

指、手関節、肩、肘、股関節、足関節、更には脊椎の関節など、全身の関節が炎症を起こす病気が関節リウマチです。初期の症状は関節炎に伴う腫れと痛みですが、進行すると関節の軟骨やその下の骨が破壊され、関節の脱臼や変形につながります。肩関節では、関節リウマチが進行すると肩が上がらなくなったり、上着に袖を通す、食事、洗顔などの日常生活動作がしづらくなったりします。

骨頭壊死

上腕骨骨頭への血液の流れが悪くなり、骨が脆くなってつぶれてしまう病気です。強い関節炎を引き起こし、最終的には肩関節が壊れてしまいます。

外傷

事故やスポーツなどの衝撃が原因で、肩関節脱臼や上腕骨が骨折すると、後遺症として変形性肩関節症を起こすことがあります。

ページの先頭へ